シェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • URLをコピー
無料ID登録が必要です

無料ID(netkeibaID)を登録すると「いいね!」機能をご利用いただけます。

詳しくはこちら 無料ID登録済みの方 >

「保存する」はnetkeibaアプリでご利用いただけます。

アプリを起動する

スーパープレミアムコースで

すべての番組が

見放題&マイリスト機能も充実!

今なら14日間無料でお試し

登録する

登録済みの方はこちらから

歴史に名を刻んだデアリングタクト 能力に疑いの余地なし/丹下日出夫

2020年04月13日(月) 20:00 10

【丹下日出夫のPOG手帖】POGの解説でおなじみの丹下日出夫が、ダイジェスト映像とともに週末に行われた全3歳戦のなかから、今後クラシック戦線で有力になるであろう若駒たちをピックアップしてご紹介!

ひさしぶりに大粒の雨の中で行なわれた桜花賞。制したのはこうした特殊な状況の中でも馬を信じて乗り続けた松山騎手騎乗のデアリングタクトだった。

重馬場での競馬となったが、デアリングタクトの視界は良好だ。またエピファネイア産駒はこれが初G1・初重賞制覇となった。

このほか、ルフトシュトローム・ノーウェアランド・ウインマイティーが勝利したレースレベルの評価と各馬の将来性を発表します。 (※評価はS〜Eの6段階)
気に入った番組は
お気に入り登録しよう

関連動画

この動画にはコメントできません

※内容が明らかになることを防止するためとなります。ご了承くださいませ