シェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • URLをコピー
無料ID登録が必要です

無料ID(netkeibaID)を登録すると「いいね!」機能をご利用いただけます。

詳しくはこちら 無料ID登録済みの方 >

「保存する」はnetkeibaアプリでご利用いただけます。

アプリを起動する

スーパープレミアムコースで

すべての番組が

見放題&マイリスト機能も充実!

今なら14日間無料でお試し

登録する

登録済みの方はこちらから

【高松宮記念2022 予想】 求められる距離適性はスプリントではない!! 買うべき軸馬&穴馬は?/とうけいば

3月24日(木) 93

春のスプリント王決定戦と呼ばれる高松宮記念だが、

中京芝1200mは1200m初挑戦の馬を買った方が儲かる!?


近年の高松宮記念の結果を見ても、昨年は1200m初挑戦だったレシステンシア、インディチャンプが2、3着に入りましたし、一昨年1位入線だったクリノガウディーも1200mは初挑戦でした。
高松宮記念で実績を残した芝1200m初出走馬…

2021年
レシステンシア(2着)
インディチャンプ(3着)
2020年
クリノガウディー(1位入線)
グランアレグリア(2着)
ダイアトニック(3着)
2019年
ミスターメロディ(1着)

今年の高松宮記念には、1200m初挑戦の馬は3頭出走を予定。その中に昨年の高松宮記念2着、前走香港スプリントでも2着になったレシステンシアに勝てる馬はいるのか?

今回は競馬雑誌などでも活躍する、新進気鋭の若手予想家とうけいば氏に今年の高松宮記念の予想のポイント、有力馬の取捨について、買うべき軸馬と穴馬について伺いました。



■出演
とうけいば
2019年6月、Twitterで全くの無名アカウントからスタートした予想家活動は瞬く間に急成長。
翌年には雑誌「競馬王」や「デジタル最強の法則」でデビューすると、youtubeやツイキャスなど活動の場を拡大。
2021年10月には自身初の単行本「降格ローテ」が出版され、いま最も波に乗る新進気鋭の若手予想家。
気に入った番組は
お気に入り登録しよう

関連動画

この動画にはコメントできません

※内容が明らかになることを防止するためとなります。ご了承くださいませ