シェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • URLをコピー
無料ID登録が必要です

無料ID(netkeibaID)を登録すると「いいね!」機能をご利用いただけます。

詳しくはこちら 無料ID登録済みの方 >

「保存する」はnetkeibaアプリでご利用いただけます。

アプリを起動する

スーパープレミアムコースで

すべての番組が

見放題&マイリスト機能も充実!

今なら14日間無料でお試し

登録する

登録済みの方はこちらから

サートゥルナーリアにS級評価でクラシック当確!?/丹下日出夫

2018年10月29日(月) 20:00 0

『POGの王道』でおなじみの丹下日出夫が、ダイジェスト映像とともに週末に行われた全2歳戦のなかから、今後クラシック戦線で有力になるであろう若駒たちをピックアップしてご紹介! 連載初回からS級・A級の連発で、来年のクラシックが待ちきれない!?(※評価はS〜Eの6段階)


■ジャストアジゴロ(牡2・ノヴェリスト×ピューマカフェ)

27日(土):東京3R・芝2000m/未勝利/2分0秒9(良)

 9月2日の新潟1800mの新馬戦は追い込み届かずの2着。しかし、上り3Fのレースラップは11秒0-10秒8-11秒6(33秒4)に対し、自身のソレは32秒7。輸送と坂さえクリアできれば、東京10F・今日の勝ち負けは見えていた。

 近親にタイガーカフェと言われ、そうか、あの血統かと思い当たる人もいるだろうが、ノヴェリスト産駒にしては、身体のラインは長く柔らかめ。パドックでは、イレ込みというより元気。気負い加減もモレイラの手にかかれば、遊びながら折り合いもピタリ。1000m通過は1分1秒5のスロー、ラスト3Fの上り勝負となったが、11秒4-11秒4-11秒8(3Fは34秒6)というレースの上りを1秒0上回る、33秒6の末脚で、ルージュバックが持つ2歳コースレコードに0秒1差の2分0秒9。東京9〜10Fなら、最終的にはオープンが張れる。

 アタマ差2着のシャドウディーヴァは、今日は相手が悪かった。条件が整えば次走は確勝級。【評価B/適性・芝1800m〜2000m】


■レディマクベス(牝2・ハーツクライ×レディオブオペラ)

27日(土):東京5R・芝1600m/新馬(牝馬限定)/1分35秒0(良)

 母は5勝(シルクロードS2着)、父はハーツクライ。身体のラインや肌艶は、なるほどハーツ。ただ、同産駒にしては474キロと大きめ。精神的にもピーキーな感じがなく、調教で跨っていたこともあるのだろう。

 1000m通過・61秒3のスローにも、鞍上モレイラの指示にも従順。密集馬群の内で脚をため、2着馬が追い出すのを待ち、11秒5-11秒1-11秒1(3Fは33秒7)というレースラップを、33秒2で串刺し。1分35秒0というタイムも、秋の東京マイルとすれば上々。上りの数値だけを見れば、メインのアルテミスSと同等以上。ラスト2Fは推定10秒台を2連発、新馬戦一発で来春の桜の風景が見えた。【評価A/適性・芝1600m】


■シェーングランツ(牝2・ディープインパクト×スタセリタ)

27日(土):アルテミスS(GIII)東京11R・芝1600m/2歳牝/1分33秒7(良)

 半姉のソウルスターリングは、阪神JF、オークス勝ち。父がフランケルからディープインパクトに替わり、少し寸が詰まった感じにシルエットは変化。デビュー戦は5着と取りこぼしたが、二戦目は伸びやかに後続を0秒9とチギる楽勝。

 しかし、札幌の洋芝とはいえ、時計は1分51秒1、上りは36秒4。東京マイルの高速対応はどうか。課題を持ってのアルテミスSだったが、前半1000m通過・58秒7という、タフな前崩れの流れに恵まれたとはいえ、35秒0というレースの上りに対し、自身のソレは33秒8。

 4回東京の最終週はBコースにかわり、毎年上りラップが異様に速くなる傾向にあり、開催初日のサウジアラビアロイヤルC(1分34秒)と、同列以上に扱うのは少し危険だが、血統力は証明。小回り(阪神JF?)は、若干疑問。直線の長い東京をメイン場に、姉同様、オークスを逆算する形でクラシック戦線に参加を表明だ。【評価A/適性・芝2000m】


■アックアアルタ(牝2・ブラックタイド×アガルタ)

27日(土):京都5R・芝2000m/新馬/2分5秒1(稍重)

 本年のブラックタイド産駒の2歳は、キタサンブラックが登場し、繁殖牝馬等々、「見直し」世代。ノーザンF、サンデーRの本馬は、そのモデル。1歳6月の募集ツアーの時から、「清水久厩舎で青鹿毛だよ」――会員さんたちのヒソヒソ話が聞こえたたりしたが、半兄プロレタリアトは4勝、マイネルオフィールは5勝(現役)。2000m超に適鞍があるスタミナ系。

 トレセン入りしてからは、キタサンブラックの調教も担当した黒岩Jが跨りCWで入念。初陣は452キロ、脚の長さが目立ち、キタサンより小さめ。前半1000m通過・1分3秒9という緩ペースを、後方で押っつけ押っつけ。内回りだけに4角大外は厳しいかなとも思えたが、12秒0―12秒2―11秒9(3Fは36秒1)というレースラップを35秒1でひと差し。やや重だけに、走破タイムやラップの扱いがデリケートだが、一戦ゝ肉をつけキャリアを積み、高速決着を経験。3歳春の目標はダービー出走。【評価C/適性・芝2400m】


■サートゥルナーリア(牡2・ロードカナロア×シーザリオ)

27日(土):萩S(OP)京都9R・芝1800m/2歳/1分49秒6(良)

 知っての通り、母シーザリオは日本のオークス、アメリカンオークス優勝。半兄エピファネイアは菊花賞、JC勝ち。半兄のリオンディーズも朝日杯を制覇。父はロードカナロアにかわったが、馬体のシルエットや肌艶の滑らかさ。操縦性も兄弟一番。ワタシもアナタも、今年の2歳世代の牡馬では、みんなが1番手に支持した大器。

 しかし、デビュー戦・阪神マイルの走破タイムは1分37秒2止まり。上り2Fのレースラップは11秒1-11秒4。抜け出す時に10秒台のラップをつかったのではないかと推測されるが、あくまで想像上。

 できれば今回の萩Sで、実測としての数字が欲しかったが、前半1000m通過・1分1秒6のスロー。上り3Fのラップは12秒4-11秒4-11秒7と、1分49秒5も含め、またしても記録は悩ましい。

 しかし、直線内に進路を指示した以外は、まったく手綱は動かず。さらに内からルメールのジャミールフエルテがイン強襲を仕掛けてきたが、先週の菊花賞の再現は嫌(笑)。2着馬の脚色を確かめ、悠々のゴールイン。

 競馬は、人生は、謎があるから美しい? 油断なく、無事に、皐月賞到達をみんなが祈っている。【評価S/適性・芝2000m】


■ルヴォルグ(牡2・ディープインパクト×キトゥンカブードル)

28日(日):東京5R・芝1800m/新馬/1分49秒5(良)

 母は北米産、GIII勝ち。母父はキトゥンズジョイ。日本に血統的ななじみが見当たらず、イメージがつかみ辛い馬だったが、デビュー戦の体重は510キロ。四肢も背中も適度に長く、適度に幼く闘志もまずまず。皮膚がもう一枚削ぎ取れる、藤沢流の余裕残しの造りだったが、中団から馬任せでピッチを上げ、直線入り口ではもう先頭近辺。緩ペースの典型的な下がり勝負とはいえ、ラスト3Fの上りは推定11秒4-11秒0-11秒2(3Fは33秒6)。デビュー一戦でクラシック戦線当確。【評価A/適性・芝2000m】

(監修:丹下日出夫)
気に入った番組は
お気に入り登録しよう

関連動画

この動画にはコメントできません

※内容が明らかになることを防止するためとなります。ご了承くださいませ