シェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • URLをコピー
無料ID登録が必要です

無料ID(netkeibaID)を登録すると「いいね!」機能をご利用いただけます。

詳しくはこちら 無料ID登録済みの方 >

「保存する」はnetkeibaアプリでご利用いただけます。

アプリを起動する

スーパープレミアムコースで

すべての番組が

見放題&マイリスト機能も充実!

今なら14日間無料でお試し

登録する

登録済みの方はこちらから

【ホープフルS予想】馬体と歩様でわかる「中山2000m適性」ランキング/北枕鳩三郎

2021年12月26日(日) 148

非力な2歳に中山2000mは厳しい


中山2000mのコースを見ると、スタート直後、そして最後の直線で2回坂を登るコースとなっておりパワーが要求されます。また直線が短いので先行力も必要です。こうした適性は「馬体を見ればわかる」とパドックの達人・北枕鳩三郎氏は言います。

先週行なわれた朝日杯FSでは、達人が推奨した5頭が掲示板を独占。今週のレースでも【中山2000mへの適性】を重視した馬体ランキングを各馬の立ち写真などを使いながら

●先行力の有無は重心を見ればわかる
●ここにきて急激な成長を遂げている馬がいる!
●トップスピードと持続力を兼ね備えた第1位とは?


など、出走各馬の馬体を診断、ランキングを発表します!

■北枕鳩三郎(きたまくら はとさぶろう)
30年近くパドックを最前列で見続け、セレクトセールや一口クラブの募集見学ツアーにも通い続ける馬体の達人。POG誌や競馬雑誌に寄稿するコラムが人気を博している。
気に入った番組は
お気に入り登録しよう

関連動画

この動画にはコメントできません

※内容が明らかになることを防止するためとなります。ご了承くださいませ